市長発言集

登録日:2017年6月2日

平成29年度「新規採用職員研修【1】」における市長講話

 平成29年度に入庁した新規採用職員に、津市の合併後の取り組みと成果、そして津市の未来を担う職員に期待することについて、講話を行いました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

  平成28年度各階層別研修等における市長講話

 今年度に実施された部長級、部次長級および課長級を対象にした「組織経営セミナー」、また新任担当主幹、新任担当副主幹、新任主査および採用後2年目職員を対象にした「階層別研修」で、津市の合併後10年間の振り返りと、今後の新展開の方向性およびそれに向けた取り組み方や心構えについて講話を行いました。
 概要は下記リンクをご覧ください。

平成29年年始市長訓示 新たな年を迎え、職員に訓示

 平成29年の年頭にあたり、津市は今後、合併による特別な措置の支えなく、都市として独り立ちしていかなければならないことから、しっかりとした方針を持って、ひとつ先の時代を見据え、津市の未来を描いていくよう職員に訓示しました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

平成28年年末市長訓示 平成28年の締めくくりとして職員に訓示

 平成28年は、新津市誕生10周年を迎える中、10の市町村が思い描いていたまちづくりがさらに進むとともに、将来を見据え、これからの10年に向けて新たにやるべきことについても時機を逸することなく取り組んだ年となりました。
 1年を振り返り、年末の締めくくりとして職員に訓示しました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

津市長が選ぶ 平成28年市政の10大ニュース

 一年を振り返り、市民の皆様の暮らしに大きく関わった出来事や本市独自の取組により前進した施策などの中から、特に重要であると考えるものを私が選びました。

平成28年度「新規採用職員研修【1】」における市長講話

 新津市誕生10周年を迎えた年に入庁した新規採用職員に、津市の合併後の10年間の取り組みとその成果、そして今後の津市の未来を担う職員として目指すべき姿や期待することについて、講話を行いました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

新津市誕生10周年記念式典市長式辞

 平成18年1月1日の10市町村による合併から10周年を迎えました。
 津リージョンプラザお城ホールにおいて「新津市誕生10周年記念式典」を開催し、市長が式辞を申し述べました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

平成28年年始市長訓示 新たな年を迎え、職員に訓示

 合併10周年を迎えた平成28年の年頭に当たり、これまでの歩みを緩めることなく、さらにこれからの10年、高みを目指して「もっとできること」への新たな取組を進めるため、市民生活に直結する社会基盤の整備や、未来を担う子どもたちのための施策などにしっかり取り組んでいくよう職員に訓示しました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

平成27年年末市長訓示 平成27年の締めくくりとして職員に訓示

 平成27年は、市町村合併から10年目という節目の年でしたので、10年間でやろうとしていたことをしっかり仕上げていく最後の1年として、「進行中の事業を着実に進める」、「懸案となっている課題の解決を図る」、「地域との連携を強化する」の3つを目標に掲げ、各事業を進めてきました。
 1年を振り返り、年末の締めくくりとして職員に訓示しました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

津市長が選ぶ 平成27年市政の10大ニュース

 一年を振り返り、市民の皆様の暮らしに大きく関わった出来事や本市独自の取組により前進した施策、大きな決断により展開した施策などの中から、特に重要であると考えるものを私が選びました。

時事通信社iJAMP 「オピニオン」にコラムが掲載

 時事通信社iJAMP 「オピニオン」に前葉泰幸市長が執筆したコラムが掲載されました。

注:この記事は時事通信社の許諾を得て掲載しています。

日本経済新聞「交遊抄」にコラムが掲載

 平成27年8月25日発行の日本経済新聞文化面(40ページ)「交遊抄」に、前葉泰幸市長が執筆したコラムが掲載されました。

「交遊抄」掲載コラム

「交遊抄」掲載コラム拡大表示(JPG/271KB)

 注:この記事は日本経済新聞社の許諾を得て掲載しています。
 

市長2期目の就任に当たり職員に訓示

 市長2期目の就任に当たり職員に訓示しました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

平成27年度「新規採用職員研修【1】」における市長講話

 合併後10年目を迎える年に入庁した新規採用職員に、津市の未来を担う職員として期待することや津市のこれからの10年をどのように考えていくのかについて講話を行いました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

平成27年年始市長訓示 新たな年を迎え、職員に訓示

 平成27年の年頭に当たって、合併10年目という節目の年の業務に当たっていただく上で、「進行中の事業を着実に進める」、「懸案となっている課題の解決を図る」、「地域との連携を強化する」の3点について、気持ちを引き締めしっかりと取り組んでいくよう職員に訓示しました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

このページのトップへ戻る

平成26年年末市長訓示 平成26年の締めくくりとして職員に訓示

 平成26年は、「アイデアを形にします」、「スピーディーに答えを出します」、「難しい問題を先送りしません」の3つの決意を市政運営の姿勢として掲げ、さまざまな取り組みを着実に形にしてきました。
 1年を振り返り、今年の漢字として「躍」(やく)を選ぶとともに、年末の締めくくりとして職員に訓示しました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

このページのトップへ戻る

津市長が選ぶ 平成26年市政の10大ニュース

 一年を振り返り、市民の皆様の暮らしに大きく関わった出来事や本市独自の取り組みにより前進した施策、大きな決断により展開した施策などの中から、特に重要であると考えるものを私が選びました。

このページのトップへ戻る

平成26年度「新規採用職員研修【1】」における市長講話

 平成26年4月1日付けで採用された新規採用職員を対象に、「即答・即応し実現する市役所」となるために、直接、私が日頃の組織運営に対する考えや職員に求める姿勢などについて講話を行いました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

このページのトップへ戻る

市長の寄稿文

 三善晃先生の合唱曲との出会い(全日本合唱連盟会報誌「ハーモニー」2014年4月10日発行、No.168春号 巻頭エッセイ)

 全日本合唱連盟が出版する会報誌「ハーモニー」に出筆した、巻頭エッセイ「三善晃先生の合唱曲との出会い」を掲載しました。津市ホームページへの掲載に当たっては、全日本合唱連盟から承認を得ています。

このページのトップへ戻る

平成26年年始市長訓示 新たな年を迎え、職員に訓示

 平成26年の年頭に当たり、深い郷土愛をお持ちである市民の皆さんの思いや期待に応えるため、「アイデアを形にします」、「スピーディーに答えを出します」、「難しい問題を先送りしません」の3つの決意のもと、市役所を挙げて取り組んでいくよう職員に訓示しました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

このページのトップへ戻る

平成25年年末市長訓示 平成25年の締めくくりとして職員に訓示

 平成25年は、市政推進にあたって「対話する市政」「前進する市政」「決断する市政」の3つの決意を掲げ、さまざまな取り組みを力強く進めてきました。
1年を振り返り、今年の漢字として「曳」(ひく)を選ぶとともに、年末の締めくくりとして職員に訓示しました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

このページのトップへ戻る

津市長が選ぶ 平成25年市政の10大ニュース

 一年を振り返り、市民の皆様の暮らしに大きく関わった出来事や本市独自の取り組みにより前進した施策、大きな決断により展開した施策などの中から、特に重要であると考えるものを私が選びました。

このページのトップへ戻る

JIAM「市町村議会議員研修」における市長講話

 滋賀県大津市のJIAM(全国市町村国際文化研修所)で行われた市町村議会議員研修において「津市における行財政改革の取り組み」と題し、講話を行いました。
 関係資料は、下記リンクをご覧ください。

このページのトップへ戻る

平成25年度「新規採用職員研修【1】」における市長講話

 平成25年4月1日付けで採用された新規採用職員を対象に、平成25年度の市政運営における私の3つの決意「対話する市政」、「前進する市政」、「決断する市政」について、講話を行いました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

このページのトップへ戻る

平成25年年始市長訓示 新たな年を迎え、職員に訓示 

 「対話・前進・決断」を今年のテーマとして、職員と共に「即答・即応し実現する市役所」を築き上げていくことを、職員に訓示しました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

このページのトップへ戻る

平成24年年末市長訓示 平成24年の締めくくりとして職員に訓示

 「郷土津市のために尽くす」という思いのもと、「即答・即応し実現する市役所づくり」を進めるべく、平成24年の締めくくりとして、職員に訓示しました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

このページのトップへ戻る

津市長が選ぶ 平成24年市政の10大ニュース

 一年を振り返り、市民の皆様の暮らしに大きく関わった出来事や本市独自の取り組みにより前進した施策、大きな決断により展開した施策などの中から、特に重要であると考えるものを私が選びました。

このページのトップへ戻る

「世界都市サミット市長フォーラム2012」における市長の発言

 平成24年7月1日にシンガポールで開かれ、世界32カ国の知事・市長が参加した「世界都市サミット市長フォーラム2012」における私の発言概要を掲載します。 
 詳細は、下記リンクをご覧ください。
 なお、下記リンクの上段は英語版、下段は日本語版となっております。

このページのトップへ戻る

部長級職員等を対象とした平成24年度「組織経営セミナー」における市長講話

 行政経営システムで目指すトップマネジメント機能の強化などを目的に、各事業部門の運営責任者である部長級職員等を対象として、組織経営セミナーを開催し、講話を行いました。
 詳細は、下記リンクをご覧ください。

このページのトップへ戻る

平成24年年始市長訓示 新たな年を迎え、職員に訓示

 職員とともに一丸となって市民の皆さまの期待に応えるべく新たな年を歩んでいくため、職員に訓示しました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

このページのトップへ戻る

平成23年年末市長訓示 平成23年の締めくくりとして職員に訓示

 市民の皆様の負託に応えるという思いをあらためて職員と共有すべく、平成23年の締めくくりとして、職員に訓示しました。
 概要は、下記リンクをご覧ください。

このページのトップへ戻る

津市長が選ぶ 平成23年市政の10大ニュース

 私が、4月からこれまで(12月まで)を振り返り、反省すべきものや次に繋げていくもの、市民の皆様に御約束したことが形となったものなど、市民の皆様の「命を守る」こと、「心をつなぐ」こと、「くらしを創る」ことにとって特に重要であると考えるものを選びました。

このページのトップへ戻る

市長の寄稿文

 市民に向き合い寄り添うとき~津市長就任半年の活動記録から~(地方税 2011年11月/地方財務協会出版)

 地方財務協会が出版する「地方税 2011年11月」に出筆した、論評「市民に向き合い寄り添うとき~津市長就任半年の活動記録から~」を掲載しました。津市ホームページへの掲載に当たっては、地方財務協会から承認を得ています。

 

注:PDFファイルを見るためには、特定のソフトウェアが必要です。
下記のサイトにて無料で提供されていますので、ダウンロードしてください。

市長懇談記<対話と連携>

 平成23年度から、津市総合計画に掲げる諸施策を市民の目線で考える「対話」と「連携」のまちづくりを進めるため、市長が市民と市政について直接対話することを目的に自治会や各種団体等との懇談会などを開催しています。詳しくはこちらをご覧ください。
 また、平成27年度から、市内37地域で半年に1回ずつ地域懇談会を開催しています。開催の様子は、市長活動日記をご覧ください。

 

このページのトップへ戻る

市長の部屋

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 政策課
電話番号:059-229-3101
ファクス:059-229-3330