税制上の優遇制度

登録日:2016年11月24日

税金の控除・減免

身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている人は、次の税の控除があります。
 

所得税、市県民税

所得税

控除額…特別障がい者40万円、一般障がい者27万円
 

市・県民税

控除額…特別障がい者30万円、一般障がい者26万円

  • 特別障がい者とは、身体障害者手帳1級および2級、療育手帳A1(最重度)、A2(重度)、精神障害者保健福祉手帳1級の人をいいます。
  • 一般障がい者とは、身体障害者手帳3級~6級、療育手帳B1(中度)、B2(軽度)、精神障害者保健福祉手帳2級および3級の人をいいます。 
     

問い合わせ
税務署 個人課税第一部門 電話番号059-228-3131(自動音声でご案内します) 
市民税課 電話番号059-229-3130、ファクス059-229-3331
 

相続税

障がいのある人が相続により財産を取得した場合、障害の程度、年齢要件により障害者控除があります。 
 

贈与税

特別障がい者を受益者とする特別障がい者扶養信託契約に係る信託受益権のうち一定部分は非課税となります。

問い合わせ
津税務署資産課税部門 電話番号059-228-3131(自動音声でご案内します) 
 

自動車に係る税金の減免

身体障がい等がある人または介護者が自動車を所有(自動車の名義は身体障がい等がある人に限る)し、もっぱら障がい者のために使用されるときは自動車税、軽自動車税、自動車取得税等が1台に限り減免されます。なお、申請する際に提出していただく書類等がありますので、事前にお問い合わせください。

区分一覧
障がい区分 本人が運転する場合 同一生計者が運転する場合
視覚 1級~4級 1級~4級
聴覚 2級~3級 2級~3級
平衡機能 3級 3級
喉頭摘出による音声機能 3級 3級
体幹機能 1級~5級 1級~3級
上肢 1級~2級 1級~2級
下肢 1級~6級 1級~3級
内部 1級~3級 1級~3級
知的障がい A1(最重度)・A2(重度)
精神障がい 1級(通院医療費受給者番号記載)

上記の表にない障がいについては、事前にお問い合わせください。
 

本人が運転する場合

三重県自動車税事務所へ(軽自動車は津市役所市民税課)
 

同一生計者が運転する場合

通院、通学、通勤等のために週1回以上使用している証明が必要になります。
 

介護者が運転する場合

通院、通学、通勤等のために週3回以上使用している証明が必要となります。
(減免に係る証明書については、手続きに必要なものを確認し、市の窓口へ申し出てください)
 

申請期限

自動車税および自動車取得税

三重県自動車税事務所へお問い合わせください。
 

軽自動車税

納期限までに申請してください。

注:なお、期限後の申請及び4月1日以降に身体障がい者等に名義変更された軽自動車については、翌年度から減免の対象となります。


問い合わせ
三重県自動車税事務所 電話番号059-223-5042、ファクス059-225-7359
市民税課 電話番号059-229-3129、ファクス059-229-3331
 

利子等の非課税(障がい者マル優)

障がいのある人の郵便貯金、小額貯蓄、小額公債の利子等で元本350万円までを限度として非課税になります。
 

対象者

  • 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳を持っている人
  • 障害年金等の障がいを支給事由とする年金を受けている人
  • 障害児福祉手当、特別障害者手当、福祉手当を受けている人
     

問い合わせ
各金融機関など
 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 障がい福祉課
電話番号:059-229-3157