「人・農地プラン」のご紹介

登録日:2016年5月26日

 農業従事者の高齢化や後継者不足、耕作放棄地の増加などの問題に対して、地域で中心となる農業の担い手や農地集積の方向性などを取り決め、今後の地域農業について考える「人・農地プラン」を作成しませんか。
 このプランを作成すると、以下のような支援が受けられます。

青年就農給付金(経営開始型)
 独立・自立就農(就農時の年齢が45歳未満)で農業を始めて間もない時期に、最長5年間、給付金が支給されます。

機構集積協力金
 農地中間管理機構を通じ、担い手への農地集積に協力する地域や農地の所有者に、地域集積協力金や経営転換協力金、耕作者集積協力金が交付されます。

スーパーL資金の当初5年間無利子化(認定農業者)
 認定農業者がスーパーL資金の融資を受けるときに、初めの5年間が無利子になります。

 

問い合わせ 農林水産政策課 電話番号059-229-3172

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

農林水産部 農林水産政策課
電話番号:059-229-3171
ファクス:059-229-3168