市営住宅の入居に関する留意事項

登録日:2018年4月1日

ここでは、市営住宅の入居に関する留意事項の概要についてご案内します。
 

詳しくは、募集時期にお渡しする案内書をご覧ください。

市営住宅の入居に関する留意事項

  • 入居していただく住宅は、いずれも従前入居者が退去し、空き家となった住宅です。生活していく上で支障のないよう一般的な修繕を行っていますが、部屋の美観を回復させる修繕は行っていません。
     
  • 入居契約時に、敷金(家賃の3カ月分)と入居日から月末までの日割家賃を納付していただきます。部屋の鍵は、これらを納付していただいた後にお渡しします。
     
  • 入居契約時には、連帯保証人が2人必要になります。連帯保証人は、次の全ての条件を満たしていることが必要です。
    ○公営住宅に入居していない人
    ○独立の生計を営み、入居が決定した人と同等以上の収入があり、確実な保証能力のある人
    ○津市市営住宅の入居者の連帯保証人になっていない人
    ○生活保護を受給していない人
    ○市営住宅の家賃、駐車場使用料、損害賠償金、その他市営住宅について負担すべき債務を滞納していない人
     
  • 毎月の家賃のほかに共益費(階段灯の電気代、汚水処理費等)、自治会費などが必要です。
     
  • 多くの市営住宅には、テレビアンテナ、浴槽、風呂釜、ガス器具、給湯設備、照明器具および網戸などが設置されていませんので、入居者にて設置していただきます。また、退去時には、入居者の負担で撤去していただきます。
     
  • 駐車場の管理は自治会などに委託していますので、入居後、車を駐車しようとする場合は、入居する市営住宅の自治会または住宅管理人にご相談いただくことになります。 
     
  • 犬、猫、鳥などのペット類の飼育はお断りします。
     
  • 家賃は毎月月末までに、現金または口座振替にて納付してください。家賃を3カ月以上滞納した場合、連帯保証人に家賃を請求するとともに、入居中の市営住宅を明け渡していただきます。
     
  • 入居後の家賃は、毎年の収入金額によって変わります。また、所得や住宅規模等に応じて、負担していただく家賃は異なります。
      
  • 住宅での自治的な役割として、周辺の清掃作業や管理人の業務があります。業務の内容はそれぞれの住宅により異なります。

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

建設部 市営住宅課
電話番号:059-229-3188