市たばこ税に関するQ&A

登録日:2017年4月1日

 Q1 私たち消費者が市たばこ税を負担しているのですか?

A1 市たばこ税を納める人は、国産たばこの製造業者・外国たばこの輸入販売業者・卸売販売業者であって小売販売業者にたばこを売り渡した人ですが、市たばこ税に相当する額も含めてたばこの小売価格が設定されていますので、実質的に市たばこ税を負担するのは、たばこを購入する消費者となります。

 

Q2 市たばこ税が増税されたのはなぜですか?

A2 たばこ税関係法令が改正され、紙巻たばこ三級品(わかば、エコー、ゴールデンバット、ウルマ、バイオレット、しんせいの6品目)に係るたばこ税およびたばこ特別税並びに道府県たばこ税および市町村たばこ税の特例税率が廃止されるためです。

 

Q3 手持品課税の概要について説明してください。

A3 手持品課税とは、たばこの販売業者等(小売販売業者、卸売販売業者または製造者)が、たばこ税率の引き上げの日(以下「手持品課税の日」という)午前0時現在に、たばこの製造場または保税地域以外の場所で、5,000本以上(5,000本ちょうどを含みます)の紙巻たばこ三級品を販売のために所持する場合(複数の場所で所持する場合はその合計本数が5,000本以上の場合)に、販売業者等を納税義務者として、その所持する紙巻たばこ三級品に、税率の引き上げ分に相当するたばこ税を課税するというものです。

 

期間

たばこ税

たばこ特別税

道府県たばこ税

市町村たばこ税

税率 引き上げ額 税率 引き上げ額 税率 引き上げ額 税率 引き上げ額
平成28年3月31日まで 2,517円 389円 411円 2,495円

平成28年4月1日

2,950円

433

456円

67

481円

70

2,925円

430

平成29年4月1日

3,383円

433

523円

67

551円

70

3,355円

430

平成30年4月1日

4,032円

649

624円

101

656円

105

4,000円

645

平成31年4月1日

5,302円

1,270

820円

196

860円

204

5,262円

1,262

注:1,000本当たり 

たばこの販売業者等は、営業所または貯蔵場所ごとにその所在地を所轄する税務署長、都道府県知事および市区町村長に対して、たばこ税の納税申告書を提出し、納税しなければならないこととされています。

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 市民税課 諸税担当
電話番号:059-229-3129
ファクス:059-229-3331