日本脳炎定期予防接種の緩和措置について

登録日:2017年4月28日

日本脳炎定期予防接種の緩和措置について

 予防接種法施行令の一部改正により、平成17年から21年の間に積極的勧奨の差し控えのため日本脳炎の予防接種の機会を逃した人に対し、接種時期が緩和されました。

 対象となり接種を希望する人は、母子健康手帳を確認して、体調の良い時に接種を受けましょう。

 予診票を持っていない場合は、最寄りの保健センターへお問い合わせの上、母子手帳を持ってお越しください。

 

平成7年4月2日~平成19年4月1日生まれの人

<1期>

期間  20歳未満
回数  初回接種2回、追加接種1回のうち未接種分

 

<2期>

期間  9歳から20歳未満
回数  1回

 

 

 平成19年4月2日~平成21年10月1日生まれの人 

7歳6カ月に至るまでの間に第1期の接種(3回)を完了できなかった場合、未完了分を第2期の対象年齢(9歳以上13歳未満)の間に接種できます。
注:平成22年3月31日までに日本脳炎第1期の接種を終了していない人が対象です。

 

 なお、過去に任意で接種を行った場合は、その接種回数は接種済み回数に入ります。

 日本脳炎予防接種の説明書は「日本脳炎予防接種説明書」 (PDF/84KB)をご覧ください。

 

 詳しくは、健康づくり課または各保健センターへお問い合わせください。 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康づくり課
電話番号:059-229-3310