住宅火災に注意しましょう

登録日:2018年2月6日

 住宅火災で尊い人命が奪われないよう、火の取り扱いには十分気を付けるとともに、住宅用火災警報器を設置し、万が一に備えましょう。 

最近の住宅火災など

 平成30年1月28日深夜、市内で発生した住宅火災で1棟が全焼し、高齢者1人の尊い命が失われました。

 また、昨年12月 24日深夜、河芸町地内で発生した住宅火災でも1棟が全焼し、高齢者1人がお亡くなりになりました。

 伊勢市では、1月26日日中、店舗併用住宅や空き店舗など6棟が全焼したと報道されています。

 

住宅火災の原因(主なもの)

  • コンロ(てんぷら油の過熱・発火による延焼など)
     
  • たばこ(火種が残った吸い殻からの延焼など)
     
  • ストーブ(電気ストーブに布団などが接触して起こる延焼など)

 

住宅用火災警報器の設置をしましょう

 万が一火災が起こった時に逃げ遅れないように、寝室や階段の上部に住宅用火災警報器を設置しましょう。常日頃から点検を実施して、電池など期限切れのものは取り替えましょう。

チラシの拡大版はこちら(PDF/442KB)

 チラシ

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

消防本部 予防課
電話番号:059-254-0354