津市緊急告知ラジオ貸与事業

登録日:2017年11月13日

津市緊急告知ラジオ貸与事業

1 概要

 津市緊急告知ラジオとは、避難勧告などの発令時にFM三重が発信する信号を受信することで自動的に起動し、避難情報をお伝えするラジオです。

 緊急告知ラジオが起動するタイミングは、津市を4つのエリアに分け、該当エリアに避難勧告などが発令された場合に、自動的に起動して放送します。
 ただし、ラジオが自動で起動するのは、避難勧告等の発令1回につき1度のみです。発令の度に自動起動するわけではありませんので、ラジオの自動起動後、自身のエリアに新たな発令があるかどうかは、ラジオ放送を聞き続けて確認する必要があります。

 また、緊急放送時に自動起動したラジオは最大音量で鳴り続けますので、手動で電源をオフにする必要があります。

緊急告知ラジオ写真

2 貸与対象者

 市内に住民登録がある避難行動要支援者や避難支援等関係者で、「防災行政無線が聞こえにくい」かつ「エリアメール・緊急速報メールや津市防災情報メールが使えない」「ファクス送信サービス」が使えないという人が対象です。

 津市緊急告知ラジオ貸与要綱はこちら

 また避難行動要支援者の概要については、こちらをご覧ください。

3 申込受付および申請書

 申請受け付けは本庁舎8階危機管理部および各総合支所地域振興課で行っています。

 代理での申請の場合は、申し込み用紙の代理人欄に記名押印と委任状も合わせてご提出ください。 

 貸与については平成30年1月から順次始めます。

 申し込み用紙と委任状については、以下からダウンロードできます。

 緊急告知ラジオ貸与申込書様式一式(PDF/181KB)

 委任状(PDF/15KB)

4 試験放送について

 平成30年1月から毎月第3火曜日の12時55分からFM三重(78.9MHz)「津市防災チャンネル」番組の冒頭に起動信号を流して行います。

 試験放送の場合は、5分で自動的に電源が切れます。

5 不感対策機能

 緊急告知ラジオはFM三重の電波が届く場所に設置しておく必要がありますが、FM三重の電波が入らない地域の人は、ZTVのケーブルを使った不感対策が利用できます。貸与対象者であれば、不感対策利用に必要な分岐器やケーブルも貸与します。

  ただし、ZTVの契約が光の場合は、FM電波がケーブルを流れていないため、利用できません。

6 その他注意事項

 停電時用に乾電池も使用できるようになっていますが、平常時は家庭用コンセントから電源を取ってください。乾電池のみの場合は、電源が切れている場合でも、60時間程度で使用できなくなります。

 乾電池は1年に1度程度交換してください。電池については貸与の対象ではありません。

 普段はFM三重専用のラジオとして使用することもできます。

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

危機管理部 危機管理課
電話番号:059-229-3281
ファクス:059-223-6247