津市生活・介護支援サポーター

登録日:2016年12月28日


津市生活・介護支援サポーターとは

 津市生活・介護支援サポーターは、地域の高齢者に対して見守りなどの活動を行うボランティアです。「できることをこつこつと」をモットーに、ひとり暮らしの高齢者などが住み慣れた地域で安心して暮らせるように、お近くの地域包括支援センターと連携しながら、支援活動を行います。

高齢者見守りネットワークの一員として

 高齢者が住み慣れた地域で安心して暮らすためには、身近な地域における見守りや支援が重要です。地域で生活をしている高齢者を包み込むように、行政・介護・医療機関や地区社協・自治会・民生委員などが高齢者見守りネットワーク体制を構築していますが、その一員として津市生活・介護支援サポーターも加わり、見守り活動をしていくことになります。

活動内容

 主な活動内容としては、「日常的な見守り」と「定期的な見守り」を行います

 「日常的な見守り」は、普段生活している中で、皆さんが気付いたことを地域包括支援センターに連絡・相談などを行います。高齢者を取り巻く地域の課題に対してアンテナを張り、課題の早期発見・早期解決につなげていきます。

 「定期的な見守り」は、見守りを希望する高齢者に対し、訪問を通じた安否確認を行います。地域包括支援センターが日程などの調整を行います。

具体例(日常的な見守り)

津市生活・介護支援サポーターになるには

 おおむね20時間程度の養成講座を修了する必要があります。「消費者被害の防止」「認知症について」「地域包括支援センターとは」など、地域で活動していく中で、身近な内容になっています。平成28年度は年2回の養成講座を行いました。今後も養成講座を行う場合は、広報津やホームページに掲載します。

本年度の養成講座は終了しました。


このページに関するお問い合わせ先
健康福祉部 高齢福祉課
電話番号:059-229-3156
メールアドレス:229-3156@city.tsu.lg.jp