高齢者の肺炎球菌予防接種

登録日:2017年6月13日


高齢者の肺炎球菌定期予防接種

平成26年10月1日から、高齢者肺炎球菌予防接種(23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン)が定期接種として受けられるようになりました。

 

 対象者

津市に住民登録があり下記の(1)、(2)のいずれかに該当する人
注:過去に1回でも23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチンを接種した人は対象になりません。

(1)平成29年度中に下記の年齢となる人

上記対象者には、案内通知を郵送します。なお転入した人、案内通知が届かない人は、下の「お問い合わせ先」へお問い合わせください。

65歳以上の人で、上記年齢に当てはまらない人は、「定期接種の対象年齢に該当しない65歳以上の人に費用の一部を助成」欄をご覧ください。

 

(2)60歳以上65歳未満で心臓、腎臓、呼吸器の機能またはヒト免疫不全ウイルスによる免疫の機能に障がいがあり、日常生活が極度に制限される人


 

接種期間

平成29年4月1日(土曜日)から平成30年3月31日(土曜日)まで

 

接種場所

県内の予防接種協力医療機関

市内の協力医療機関については、こちら(PDF/270KB)をご覧ください。
 

接種回数

1回
 

自己負担額

2,500円 

注:生活保護受給者は、自己負担額の免除がありますので、必ず「生活保護受給証明書」を医療機関に提出してください。
 

接種時の持ち物

 

 


定期接種の対象年齢に該当しない65歳以上の人に費用の一部を助成

高齢者の肺炎球菌による肺炎などの感染症を予防し、重症化を防ぐため、肺炎球菌ワクチンの接種費用の一部を助成します。
肺炎球菌ワクチンは、季節を問わずいつでも接種できます。予防接種による効果、副反応、健康被害の救済措置などについて、接種医の説明を受け、十分理解した上で接種を受けてください。
 

対象者

津市に住民登録のある満65歳以上の人で定期接種の該当年齢でない人

ただし、次に該当する人は対象になりません

助成額

上限3,000円

 

 申請方法

各保健センターの窓口で助成申請を受け付けています。
郵送での申請も可能で、申請書は次のリンクからダウンロードできます。

注:郵送での申請は、安濃保健センター(〒514-2326 津市安濃町東観音寺418)

 高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種費用助成申請書(PDF/141KB)

 申請書記入例(本人が記入する場合)(PDF/207KB)

 申請書記入例(代理人が記入する場合)(PDF/213KB)

 

窓口にて申請する場合

郵送にて申請する場合

 

注:助成券の交付を受けずに接種した場合、助成が受けられません。全額自己負担になります。  
 

助成の流れ

  1. 各保健センター窓口または郵送(宛て先:〒514-2326 津市安濃町東観音寺418 安濃保健センター)で助成申請書を提出し、「助成券」の交付を受けます。
     
  2. 医療機関(三重県内に限る)で、津市の「高齢者肺炎球菌ワクチン予防接種費用助成券」が利用できるか必ず確認の上、接種の予約をしてください。
     
  3. 接種当日に助成券、健康保険証(現住所が確認できるもの)、自己負担分の費用(医療機関によって異なる)を持参して、県内の協力医療機関(市内の医療機関はこちら(PDF/270KB)をご覧ください。)で予防接種を受けます。
     
  4. 予防接種費用(医療機関によって異なります)から助成額(上限3,000円)を差し引いた額を医療機関に支払ってください。

 


このページに関するお問い合わせ先
健康福祉部 健康づくり課
電話番号:059-229-3310
メールアドレス:229-3310@city.tsu.lg.jp