地域包括ケア推進室のご案内

更新日:2017年7月1日


 津市では、高齢者の皆さんが住み慣れた地域で自分らしく暮らすための「地域包括ケアシステム」の構築をはじめ、介護予防・日常生活支援総合事業の実施や地域包括支援センターの運営などを担当する「地域包括ケア推進室」を、平成29年4月1日から、本庁舎1階15番窓口高齢福祉課内に設置しています。

 この地域包括ケア推進室では、高齢者やその家族の安心した暮らしを支援するために、次の業務などに取り組んでいます。
 

事業など取り組みの一覧

 介護予防・日常生活支援総合事業

  高齢者がいつまでも住み慣れた地域で自立した生活を送れるよう、地域社会全体で次のように介護予防を支援する取り組みです。

 

全体の概要・パンフレット

 

一般介護予防

 

在宅医療・介護連携に関すること

 医師会などとの連携を強化し、医療職と介護職との「見える顔の関係」の構築を目指し、次のように医療・介護連携による在宅介護などができる体制づくりを促進します。

 

生活支援体制整備事業に関すること

  生活支援の担い手の養成やサービス開発などの資源開発、サービス提供主体などの関係者とのネットワーク構築を包括的に行うとともに、地域の支援ニーズとサービス提供主体の活動をマッチングを目指します。

 

認知症の施策に関すること

 認知症の人やその家族が住み慣れた地域で安心して暮らせるために、次のような取り組みを行っています。

 

地域ケア会議に関すること

 市内の地域包括支援センターなどにおいて、多職種協働による個別事例の検討などを行い、地域のネットワーク構築、ケアマネジメント支援、地域課題の把握などを推進します。

 

 地域包括支援センターに関すること

 地域で暮らす高齢者の皆さんを、介護、福祉、医療などさまざまな面から総合的に支えるために、次のように地域包括支援センターを設けています。

 

関連ページ
地図

このページに関するお問い合わせ先
健康福祉部 地域包括ケア推進室
電話番号:059-229-3294
ファクス:059-229-3334
メールアドレス:229-3294@city.tsu.lg.jp