省エネ・節電の取り組み

登録日:2020年9月9日

平成23年3月11日に発生した東日本大震災による福島第一原子力発電所の事故以降、特に夏季において全国的な電力不足が懸念されています。
省エネ・節電は、私たち一人一人が身近なことから取り組みを始めることが大切です。生活スタイルなどを見直して、省エネ・節電の取り組みにご協力をお願いします。

電化製品の省エネ・節電

家庭には消費電力の大きい家電製品が多くあります。電力使用量のピークである平日の日中(13時から16時)を避けて使用する、使用する時間帯が重ならないようにするなどのご協力をお願いします。
また、適切な室温管理や水分補給を行うなど、熱中症には十分注意し、無理のない取り組みをお願いします。

省エネ・節電取り組み例

省エネ・節電取り組み例

内容

節電効果(削減率)

エアコン

夏の室温は28度を目安に設定する  10%
 (設定温度を2度上げた場合)

冷蔵庫

つめ込みすぎをなくす
扉を開ける時間をできるだけ減らす
設定は「強」から「中」へ
 2%

照明

日中は不要な照明を消す  5%

テレビ

つけっぱなしにしない
省エネモードに設定し、画面の輝度を下げる
 2%

注:資源エネルギー庁推計 
注:在宅家庭の日中の最大使用時(1,200ワット)に対する削減率の目安

グリーンのカーテンで日差しを防ぐ

グリーンのカーテンは、つる性の植物を日の当たる窓の外に這わせて作る自然のカーテンです。夏の熱い日差しをやわらげ、植物の蒸散作用で室温の上昇を抑える効果があります。

「生活かえる!エコエコ家族」に参加しませんか

「生活かえる!エコエコ家族」は、家族みんなが楽しみながら環境負荷の少ない暮らし方を工夫し継続していく取り組みです。
詳しくは、「生活かえる!エコエコ家族」をご覧ください。

関連リンク

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

環境部 環境政策課
電話番号:059-229-3139