地域の食文化を子どもたちに

登録日:2016年2月25日

地域の食文化を子どもたちに

2月26日、長野小学校の5・6年生が地域の人から教わりながら、郷土料理の「ずいきの巻きずし」に挑戦しました。ご飯に合わせ酢を加えてすし飯を作り、すし飯を広げた上に、ずいきを重ねて全体を巻いていきました。包丁で切って断面を確認すると、児童からは「(ずいきが)きちんと芯になってきれい」などと歓声が上がりました。
ボランティア講師の川井さんは、「地域の食文化である郷土料理は、それぞれの地域の産物を上手に活用し、その風土にあった食べ物として創られ、伝えられてきたものです。今は地域に伝わる料理を家庭であまり作らなくなったので、今回のように子どもたちに伝えることで郷土の味を伝えていきたいですね。」と話していました。

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

美里総合支所 地域振興課
電話番号:059-279-8111
ファクス:059-279-8125