避難時の新型コロナウイルス感染症への対策について

登録日:2020年6月18日

 避難所等では、3つの密(密閉、密集、密接)が起こりやすく、新型コロナウイルス感染症などをはじめとする感染症の感染が懸念されます。少しでも感染リスクを軽減し、適切な避難が行えるよう、次のことに気を付けましょう。

事前の対策

前もって避難行動を確認しておきましょう

 日頃から家族や近所の人とハザードマップを確認して、自分が住んでいる地域は避難が必要かどうかを考え、必要な場合はどこの避難所にどのような道を通って避難するかを相談しておきましょう。
 自分が住んでいる地域の危険性は、こちらのハザードマップで確認してください。
 また、避難時に自分が取るべき行動を確認するためのフローチャートが内閣府より発刊されていますので、こちらから確認しておきましょう。

 

 

出展:内閣府ホームページ「避難行動判定フロー」より
 

 親戚や友人宅等への避難を検討しましょう

 避難とは避難所に行くことだけではなく、自宅の安全な場所や親戚、友人の家などに避難することも避難です。

 自宅での安全確保が可能な場合には、自宅の2階などの避難(垂直避難)も検討しましょう。

 親戚や友人の家、近所の安全な所などの避難所以外の避難先も考えてみましょう。また、避難する場合に備えて前もって避難先に相談しておきましょう。

備蓄品や防災グッズを見直しましょう

 今まで備えてきた防災用品に加えて、感染対策に有効な用品を非常持ち出し袋に追加しましょう。
 避難所で有効な物品は

  •  マスク
  •  アルコール消毒液
  •  ウェットティッシュ
  •  タオル
  •  体温計
  •  上履き(スリッパ等)  などです。

 避難をする際は感染防止のため、マスク・消毒液・体温計はできる限り自らで携行してください。

 

災害発生時の感染防止対策

 大雨や洪水などの災害時に、避難所への避難が必要な場合は、新型コロナウイルスに感染するリスクを恐れずに避難をしてください。

避難所での感染防止対策

 市では、避難所での3つの密(密閉、密集、密接)をさけた感染症対策を行います。 

  •  密集、密接を避けるための避難スペースの確保
  •  避難者の間隔(ソーシャルディスタンス)の確保
  •  アルコール消毒液などの感染症予防物品の準備
  •  小まめな手洗い、手指消毒などの基本的な感染予防対策の徹底
  •  定期的な換気、消毒の実施
  •  避難者の健康状態の確認、観察
  •  体調不良の人が発生した場合の専用スペースの確保

     

避難所でのお願い

  • 咳エチケットなどの基本的な感染対策を徹底してください。
  • 頻繁に手洗いを行ってください。
  • 避難所では職員による体調の聞き取りにご協力をお願いします。
  • 避難所では周りの方と密にならないようにご協力をお願いします。
  • 避難者が増えてきた場合は、施設内の別室等に移動をお願いすることがあります。
  • 感染予防のために定期的に体調確認や検温を行い、体調に変化があれば早めに担当の職員に申し出てください。

 



出展:三重県ホームページ「命を守る適切な避難一人ひとりが「難」を「避」け、安全を確保!」より


 

 関連リンク

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

危機管理部 危機管理課
電話番号:059-229-3281
ファクス:059-223-6247