新型コロナウイルス感染症自宅療養者・濃厚接触者の風水害(大雨・台風等)時における避難について

登録日:2022年9月16日

自宅療養者の避難について

 自宅療養者となられた方は、感染拡大防止のため、他者との接触を避けていただく必要があります。
 このため、大雨や台風時における避難行動について、日頃からご自宅の災害リスクや避難方法等を確認しておきましょう。

  • 自宅の安全確認
    津市が作成する「洪水ハザードマップ」や「土砂災害ハザードマップ」で、自宅が浸水想定区域、土砂災害警戒区域等に該当していないか確認してください。
    ハザードマップ はこちら
  • 避難方法の検討
    ◎ 自宅が安全である場合
       自宅にとどまり、自宅の2階等で安全を確保(垂直避難)してください。
    ◎ 避難する必要がある場合
       親戚や知人宅等へ避難(同居者がいる場合は専用の個室などで隔離できること)
       親戚や知人宅等への避難が困難な場合は、三重県が確保している宿泊療養施設に避難

    (注意事項)
      宿泊療養施設に避難する場合には、事前に津保健所(電話 059-223-5184、8時30分から17時15分)に連絡が必要です。
      宿泊療養施設に避難する際には、食料、飲料、パルスオキシメーター、体温計、着替え、タオル、携帯電話、充電器等、必要なものをご持参いただく必要があります。
     

 詳しくは、こちら(PDF/97KB)(三重県作成資料「風水害(大雨・台風時)の避難について」)をご覧ください。

 

三重県が定める避難方針で対応できない方の避難について

 自宅療養者となられた方が避難する際には、原則、三重県が確保している宿泊療養施設に緊急避難いただくことになりますが、当該施設への避難が困難であり、三重県から協力要請があった場合には、市において、指定避難所に別室を確保するなど、安全に配慮し、避難場所を準備しますので、避難される際は市へ連絡してください。

 連絡先 危機管理部防災室(電話 059-229-3104)

 

濃厚接触者の避難について

 濃厚接触者となられた方についても、感染拡大の可能性があるため、他者との接触を避けていただく必要があります。
 このため、自宅療養者の方と同様、自宅の安全確認や避難方法の確認を行っていただき、避難する必要がある場合には、市において、指定避難所に別室を確保するなど、安全に配慮し、避難場所を準備しますので、避難される際は市へ連絡してください。

 連絡先 危機管理部防災室(電話 059-229-3104)
 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

危機管理部 防災室
電話番号:059-229-3104
ファクス:059-223-6247