悪質商法の代表的な手口

登録日:2016年2月26日


若者や高齢者を狙った悪質商法の被害が後を絶ちません。悪質な業者は、巧みな話術や、親切そうな笑顔で、契約を迫り、時には強引な手法も使ってきます。
これらの被害から、消費者を守るため、ここでは、悪質商法の手口のいくつかを紹介します。

これらの被害を未然に防ぐためには、契約する前によく調べ、家族・知人に相談したり意見を求めたりするのもいいでしょう。もし契約が成立した後でも、8日以内であればクーリング・オフができます。

振り込め詐欺・悪質な電話勧誘の被害に遭わないために

点検商法

 

架空・不当請求(ワンクリック請求)

 

催眠商法(SF商法)

 

送り付け商法(ネガティブ・オプション)

 

次々販売法

 

マルチ商法

 

アポイントメントセールス

キャッチセールス

資格商法

 

内職商法


このページに関するお問い合わせ先
市民部 市民交流課
電話番号:059-229-3252
ファクス:059-227-8070
メールアドレス:229-3252@city.tsu.lg.jp