消毒用アルコールを安全に使用していただくためには

登録日:2020年9月4日


 新型コロナウイルス感染症の発生に伴い、手指の消毒などのため、消毒用アルコールを使用する機会が増えています。

 消毒用アルコールは、火気により引火しやすく、また、消毒用アルコールから発生する可燃性蒸気は滞留しやすいため、多量に取り扱う場合には換気が必要です。安全な取り扱いについては、以下をご覧ください。

消毒用アルコールを安全に使用していただくためには

 消毒用アルコールは、消防法上の危険物のアルコール類に当たるため、使用する際には次のことにご注意ください。(アルコールの含有量によっては危険物に当たらない製品もあります。)

  1.  消毒用アルコールを火気の近くで使用しないでください。
  2. 室内の消毒や消毒用アルコールの容器詰め替えなどを行うときは、通風性の良い場所や換気が行われている場所で行ってください。また、密閉した室内で多量の消毒用アルコールの噴霧は避けてください。
  3. 消毒用アルコールの容器を設置・保管する場合は、直接日光が当たる場所や高温となる場所は避けてください。また、消毒用アルコールの容器を落下させたり、衝撃を与えたりしないでください。
  4. 消毒用アルコールを容器に詰め替える場合は、漏れ、あふれまたは飛散しないよう注意し、詰め替えた容器に消毒用アルコールであることや「火気厳禁」などの注意事項を記載してください。 →容器の表示方法はこちら(PDF/80KB)

消毒用アルコールの安全な取り扱いについて、取りまとめて掲示用ポスターを作成しましたのでご活用ください。

   掲示用ポスター(PDF/504KB)

 


このページに関するお問い合わせ先
津市消防本部予防課危険物担当
電話番号:059-254-0355
ファクス:059-256-7755
メールアドレス:254-0354@city.tsu.lg.jp