住民票や戸籍の証明書請求時・住所異動の届出時の本人確認

登録日:2017年10月18日

平成20年5月1日に、他人による証明書の不正な取得や虚偽の届出を防ぎ、また、個人情報を保護するための改正住民基本台帳法および改正戸籍法が施行されました。
これにより、住民票や戸籍に関する証明書を請求するときや、引っ越しなどでの住所異動届出をするときは、本人確認書類の提示により、本人確認を行うことが義務付けられました。
戸籍の届出を出すときにも、本人確認が義務付けられています。詳しくは本人確認のために窓口で提示していただく主な書類(PDF/63KB)をご覧ください。

注意事項

  • 窓口請求等の受付時に、本人確認書類の提示を求めますので、ご協力をお願いします。 
     詳しくは本人確認のために窓口で提示していただく主な書類(PDF/63KB)をご覧ください。
  • 本人確認ができない場合は、証明書の交付などができませんのでご注意ください。
  • 該当する書類がない場合など、ご不明な点がありましたら、事前にご相談ください。
  • 代理人などについては、本人確認のほか、委任状などの書面で代理権限の確認も行います。

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

市民部 市民課
電話番号:059-229-3144