薪能

更新日:2019年4月9日

 津市民薪能

 能は長い歴史を持つ我が国独自の芸能で、文化・音楽・演劇とも密接な関係を持つ奥の深い総合芸能です。

 特に喜多流は津藩初代藩主藤堂高虎公が愛好したこともあり、津市に大変ゆかりのある流派です。

 歴史的な資源でもあるお城公園本丸に特設舞台を設置し、かがり火ゆらめく幽玄な世界の中で、能、狂言、仕舞(しまい)などの伝統芸能を楽しんでみませんか。

 観覧は無料です

  注:写真は平成29年度津市民薪能の様子

 

とき   

平成31年4月27日(土曜日)17時30分~

 

ところ  

お城公園特設舞台(津市丸之内) 

注:雨天の場合は、津センターパレス2階 津市中央公民館ホール

 

内容   

  • 能「小鍛冶(こかじ)」、狂言「伊呂波(いろは)」ほか
  • 演者  長田驍さん、長田郷さん(共に喜多流)ほか
     
    チラシは、こちら(PDF/1MB)をご覧ください。

 

入場料 

無料
 

過去の開催分

霧山薪能と茶会、箏の演奏

とき 狂言 仕舞
平成30年9月29日(土曜日)
注:荒天により切り上げ終了
     
平成29年9月30日(土曜日) 小鍛冶 伯母ヶ酒 養老・歌占・六浦・柏崎・猩々
平成28年10月1日(土曜日) 葵上 口真似 龍田・松虫・蝉丸・大江山
平成27年10月3日(土曜日) 六浦 薩摩守 葛城・松虫・蝉丸・黒塚
平成26年10月4日(土曜日) 花月 魚説法 竹生島・放下僧・玉葛・黒塚
平成25年9月7日(土曜日) 枕慈童 仏師 天鼓・班女・蝉丸・融(とおる)
平成24年9月1日(土曜日) 紅葉狩 柿山伏 養老・田村・鳥追船(とりおいぶね)・融

 

 津市民薪能

とき 狂言 仕舞
平成30年4月28日(土曜日) 花月(かげつ) 土筆(つくづくし) 実盛・野宮
平成29年4月29日(土曜日) 経政(つねまさ) 飛越(とびこえ) 龍田・半蔀(はしとみ)
平成28年4月30日(土曜日) 東岸居士(とうがんこじ) しびり 井筒・砧
平成27年4月25日(土曜日) 通小町(かよいこまち) 以呂波(いろは) 天鼓・猩々
平成26年4月26日(土曜日) 葵上 以呂波 枕慈童・羽衣・実盛
平成25年4月27日(土曜日) 黒塚 附子(ぶす) 八島・西行桜・山姥
平成24年4月28日(土曜日) 羽衣 花争(はなあらそい) 錦木・紅葉狩・西王母・経政

 

地図

お城公園

津市丸之内

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

スポーツ文化振興部 文化振興課
電話番号:059-229-3250
ファクス:059-229-3344