がん検診啓発活動~津市ピンクリボンの紹介~

登録日:2016年2月25日

日本人の2人に1人は「がん」になるといわれ、誰もがかかりうる可能性のある身近な病気です。
しかし、「がん」は今や早期発見、早期診断、早期治療により十分に治癒可能な病気となってきています。自分と大切な人の健康を守るためにも、年に一度は検診を受けましょう。

津市オリジナルピンクリボン  

乳がん・子宮がんはもちろん、全てのがんの早期発見、早期診断、早期治療の大切さを伝える津市オリジナルのシンボルマークです。津市では、「大切な命のために がん検診」をキャッチフレーズに、検診受診の必要性を伝える活動などに使用しています。
健康づくり課では、このオリジナルのピンクリボンを活用し、チラシを配布したり、のぼり旗や懸垂幕を掲げ、がん検診受診の啓発を行っています。その他、ピンクリボンマークを広く知っていただくためにシールを作成し、健康手帳や、母子健康手帳、職員の名札に貼っています。

皆さんが、このピンクリボンマークを目にした時に、自分とその周りの大切な人の健康について考える機会になればと思います。
大切な命のために、がん検診を受けましょう。

 

のぼり旗1 のぼり旗2
のぼり旗1 のぼり旗2

 

懸垂幕1 懸垂幕2
懸垂幕1 懸垂幕2

 

ピンクリボンシール貼付例(健康手帳)
健康手帳

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

健康福祉部 健康づくり課
電話番号:059-229-3310