軽自動車税とは

登録日:2021年4月1日

 国の税制改正により、令和元年101日から軽自動車にかかる税金が変わりました。

 

 軽自動車税(環境性能割)の臨時的軽減の延長

令和元年10月1日から令和3年3月31日までの間に自家用の軽自動車(乗用車に限る)を取得する場合、臨時的に軽自動車税(環境性能割)の税率1パーセント分が軽減される特例措置が、令和3年12月31日まで延長になりました。

 

軽自動車税(環境性能割)

消費税率10パーセントへの引き上げ時に、自動車取得税が廃止され、軽自動車税(環境性能割)が導入されました。

軽自動車税(環境性能割)は、新車・中古車を問わず、取得価額が50万円を超える三輪以上の軽自動車を取得する時にかかる税金です。税率は、以下の表のとおり車の燃費基準に応じて決まっており、取得価額に税率をかけた金額が課税されます。なお、取得価額が50万円未満の場合は免税となります。

軽自動車税(環境性能割)は市の税金になりますが、当分の間、三重県が代行して賦課徴収を行いますので、申告や納税の方法は、これまでの自動車取得税と変わりはありません。

 

軽自動車税(環境性能割)の税率

車種区分

税率

自家用  営業用

 電気自動車、燃料電池自動車、天然ガス自動車(平成30年排出ガス規制適合または平成21年排出ガス規制NOx10パーセント低減車)

非課税 非課税

ガソリン車  ハイブリッド車

注:1

令和12年度燃費基準75パーセント以上達成かつ令和2年度燃費基準達成
令和12年度燃費基準60パーセント以上達成かつ令和2年度燃費基準達成 1.0パーセント  0.5パーセント
令和12年度燃費基準55パーセント以上達成 2.0パーセント  1.0パーセント
上記以外

 2.0パーセント

注:1 ガソリン車、ハイブリッド車は、いずれも平成30年排出ガス規制50パーセント低減車または平成17年排出ガス規制75パーセント低減車に限る。

注: 燃費基準等については、今後2年ごとに見直しがある予定です。

注: 令和元年10月1日から令和3年12月31日までの間に自家用の軽自動車(乗用車に限る)を取得する場合、臨時的に軽自動車税(環境性能割)の税率1パーセント分が軽減されます。

 

 

軽自動車税(種別割)

従来の「軽自動車税」は「軽自動車税(種別割)」に名称が変更されました。

軽自動車税(種別割)は、原動機付自転車、軽自動車、小型特殊自動車および二輪の小型自動車(以下「軽自動車等」という)を所有している人に納めていただく税金です。

 

 

軽自動車税(種別割)の納税義務者

毎年4月1日(「賦課期日」といいます)に軽自動車等を所有している人に課税されます。
例えば、4月2日以降に軽自動車等を譲渡あるいは廃車しても、4月1日現在所有していたのであれば、その年度の軽自動車税(種別割)を全額納めていただくことになります。
注:軽自動車税(種別割)は、所有していることに基づいて課税されます。公道走行の有無とは関係ありません。

 

 

軽自動車税(種別割)の税率

原動機付自転車、二輪車および小型特殊自動車

原動機付自転車、二輪車および小型特殊自動車の税率

車種区分


税率

(年税額)

原動機付自転車 総排気量50cc以下 2,000円
総排気量50cc超90cc以下 2,000円
総排気量90cc超125cc以下 2,400円
ミニカー総排気量50cc以下 3,700円
小型特殊 農耕用 2,400円
その他 5,900円
軽二輪 総排気量125cc超250cc以下 3,600円
二輪小型 二輪の小型自動車250cc超 6,000円

 

三輪および四輪以上の軽自動車

三輪及び四輪以上の軽自動車の税率

車種区分

税率(年税額)

(ア)
平成27年3月31日までに
最初の新規検査をした車両

注:1

(イ)
平成27年4月1日以後に
最初の新規検査をした車両

注:2

(ウ)
最初の新規検査から
13年を経過した車両
注:3

軽自動車 三輪 3,100円 3,900円 4,600円

四輪以上

乗用 自家用 7,200円 10,800円 12,900円
営業用 5,500円 6,900円 8,200円
貨物 自家用 4,000円 5,000円 6,000円
営業用 3,000円 3,800円 4,500円

注:1 (ア)の車両のうち、最初の新規検査から13年を経過した車両は、(ウ)の税率が適用されます。

注:2 排出ガス性能および燃費性能の優れた環境負荷の小さい車両について、グリーン化特例(軽課)を適用します。(下表のとおり)

注:3 最初の新規検査から13年を経過した車両は、税率が引き上げられます。(ただし、電気自動車、天然ガス自動車、メタノール自動車、混合メタノール自動車、ガソリンを内燃機関の燃料として用いる電力併用自動車、被けん引自動車を除く)

 

軽自動車におけるグリーン化特例(軽課)が適用されます(令和3年度分のみ)

 (イ)の車両で、令和2年4月1日から令和3年3月31日までに最初の新規検査をした車両のうち、低排出ガスおよび燃費性能にすぐれた環境負荷の小さい軽自動車で、排出ガス基準と燃費基準を達成した車両について、令和3年度のみ下表の税率が適用されます。

軽自動車におけるグリーン化特例(軽課)の税率

車種区分

税率(年税額)

電気自動車・燃料電池自動車(電気を動力源とし内燃機関を有しないもの)・天然ガス自動車
注:1

ガソリン車・ハイブリッド車
注:2

基準1

基準2

軽自動車 三輪 1,000円 2,000円 3,000円

四輪以上

乗用 自家用 2,700円 5,400円 8,100円
営業用 1,800円 3,500円 5,200円
貨物 自家用 1,300円 2,500円 3,800円
営業用 1,000円 1,900円 2,900円

 

注:1 天然ガス自動車は、平成21年排出ガス基準を10パーセント以上低減する車両または平成30年排出ガス基準適合車両が対象です。

注:2 ガソリン車・ハイブリッド車は、いずれも平成17年排出ガス基準75パーセント以上低減達成車両(★★★★)または平成30年排出ガス基準50パーセント低減車が対象です。

(基準1)
 乗用…平成32(令和2)年度燃費基準値より+30パーセント以上達成した車両
 貨物…平成27年度燃費基準値より+35パーセント以上達成した車両

(基準2) 
 乗用…平成32(令和2)年度燃費基準値より+10パーセント以上達成した車両
 貨物…平成27年度燃費基準値より+15パーセント以上達成した車両  

 

注: 各燃費基準の達成状況は、自動車検査証の備考欄に記載されています。

 

最初の新規検査について

「新規検査」とは、今までに車両番号の指定を受けたことのない軽自動車を、新たに使用しようとするときに受ける検査です。なお、最初の新規検査年月は、自動車検査証の「初度検査年月」で確認できます。

注:中古車の新規検査や継続検査(自動車検査証の有効期間が満了した後も、引き続きその自動車を使用しようとするときに受ける検査)は「最初の新規検査」に該当しません。
注:初度検査が平成15年10月14日以前の車両の場合、検査年のみの記載で検査月が記載されていません。その場合、その年の12月を検査年月とします。

自動車検査証見本

 

 

軽自動車税(種別割)の納税通知書と納付方法

納税通知書

津市では、毎年5月上旬に納税通知書兼納付書を送付しています。
同通知書には、軽自動車税(種別割)の税額のほか、課税対象車両の車種および車両番号を記載しています。 

 

納付方法

納税通知書兼納付書により津市指定金融機関、津市収納代理金融機関もしくは三重県、愛知県、岐阜県および静岡県内の郵便局より納税通知書に記載された納期限までに納めてください。
なお、上記4県以外の郵便局から納付を希望される場合は、専用の用紙(払込取扱票)が必要になりますので収税課(電話番号059-229-3135)までご連絡ください。

軽自動車税(種別割)はコンビニエンス・ストアでも納めることができます。

  「市税のコンビニ納付について」をご覧ください。

また、便利な口座振替の制度もありますのでご利用ください。

  「口座振替の制度について」をご覧ください。
 

外国語

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

政策財務部 市民税課 諸税担当
電話番号:059-229-3129
ファクス:059-229-3331