食生活改善推進員の活動

登録日:2022年7月29日


食生活改善推進員とは

 食生活改善推進員とは、「私達の健康は、私達の手で」を合言葉に、食を通じた健康づくりを行うボランティアです。

 「食改(しょっかい)さん」や「ヘルスメイト」と呼ばれ、親しまれています。

 規則正しい食生活は、毎日を健康に過ごしていく上で大切なことです。でも、規則正しい食生活って・・・?

   そんな疑問に答えたり、毎日の食生活について相談に乗ってくれたりする人が、食生活改善推進員です。

 食生活や健康づくりについて学び、料理を通じて食生活の大切さを伝えるだけではなく、さまざまな活動を通して地域の皆さんの健康づくりを支援しています。

 

 食生活改善推進員の組織

 食生活改善推進員は、「全国食生活改善推進協議会」が母体となる全国的な組織で、全国で12万人、市では令和4年現在、約280人が活動しています。

 本市においては、津市食生活改善推進協議会の下に10支部(津支部・久居支部・河芸支部・芸濃支部・安濃支部・美里支部・香良洲支部・一志支部・白山支部・美杉支部)が設立されています。

 

食生活改善推進員になるには

 津市で行っている「食生活改善推進員養成講座」に参加し、教室修了後に食生活改善推進協議会に入会します。

 教室では、栄養や調理の基礎知識、年代別の食育について、食事バランスガイド、地区組織活動についてなどをシリーズで学びます。  

令和4年度食生活改善推進員養成講座はこちらをご覧ください。(PDF/376KB)

 

食生活改善推進協議会の活動

(1)津市からの委託事業

各地域での普及・啓発、ヘルシー講習会

「活動テーマ」

・食育(朝ごはん)

・生活習慣病予防(壮年者向け)

・バランス食(地産地消で野菜たっぷり)

・高齢者の栄養(アンチエイジング)

・食くん改ちゃん 食と健康の応援通信

  食くん改ちゃん食の応援通信(第1号)(PDF/505KB)

  食くん改ちゃん食の応援通信(第2号)(PDF/1MB)

  食くん改ちゃん食の応援通信(第3号)(PDF/918KB)

  食くん改ちゃん食の応援通信(第4号)(PDF/1MB)

 

(2)日本食生活協会からの委託事業

・生涯骨太クッキング

・生活習慣病予防のための減塩推進スキルアップ事業

・おやこの食育教室等

 

(3)その他

三重県からの委託事業や研修会、各支部自主活動など

 

保健センター、地区公民館、集会所などで活動を行っています。


このページに関するお問い合わせ先
健康福祉部 健康づくり課
電話番号:059-229-3310
メールアドレス:229-3310@city.tsu.lg.jp