津市火災予防条例の一部改正について(急速充電設備関係)

登録日:2021年3月31日

津市火災予防条例で規制される電気自動車等に充電する急速充電設備について、電気自動車に搭載される電池の大容量化に伴い急速充電設備の大出力化が予想されるため、規制対象を全出力200キロワットまで拡大するとともに、火災予防上必要な安全対策等の規定の追加などの改正が行われました。

 

改正概要

  • 規制対象を全出力200キロワットまで拡大(規制対象:20キロワットを超え200キロワット以下)
  • 全出力50キロワットを超え、200キロワット以下のものについて届け出を義務化
  • 全出力拡大に伴う火災予防上必要な基準の追加(屋外設置設備に対する規定など)

 

施行日

 令和3年4月1日

 

届け出について

 今回の改正で、50キロワットを超え、200キロワット以下の急速充電設備は届け出が必要になります。

   急速充電設備等設置届出書(第9号様式)(PDF/92KB)

 必要書類を添付し、設置場所を管轄する消防署所に届け出てください。

 

 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

消防本部 予防課
電話番号:059-254-0354