名松線に乗って美杉へGO!

登録日:2017年3月14日

top

meishosentoha  miryoku fukkyu

 

1

 名松線はJR東海が運営するローカル鉄道です。松阪牛でも有名な松阪市の松阪駅から、津市の終点伊勢奥津駅までの43.5キロメートルを約80分かけてのんびり走ります。
 平成21年の台風被害により、途中の家城駅から伊勢奥津駅の間で列車が通れなくなり、代行バスによる運行が続いていましたが、懸命な復旧工事により平成28年3月26日、6年半ぶりに全線復旧しました。

  

3

 

JR名松線全線復旧1周年記念イベントを開催!!
 とき

平成29年3月26日(日曜日)

第1部 10時30分~12時

第2部 12時30分~15時30分

 

ところ

JR名松線伊勢奥津駅周辺(地図はこちら

第1部 八幡地域住民センター多目的ホール

第2部 NPO法人コルチカムの里ホール

 

内容

第1部

 10時30分~ JR名松線沿線の物産展、JR名松線フォトコンテスト作品展
 11時10分~ 開式、主催者あいさつ
 11時15分~ 祝辞
 11時25分~ JR名松線フォトコンテスト表彰式
 11時40分~ JR名松線利用促進ネットワーク事業開始宣言

第2部

 12時30分~ 鉄道トークイベント
 13時30分~ ゲストと一緒に伊勢本街道散策・物産展巡り
 15時30分~ 閉式

チラシはこちら(PDF/961KB)
  

鉄道トークイベントゲスト

鉄道BIG4 南田裕介さん、テレビ番組ディレクター 田中匡史さん、ママ鉄 豊岡真澄さん

鉄道トークショーゲスト
 

JR名松線フォトコンテスト作品展示!!
とき

平成29年3月1日(水曜日)~3月20日(月曜日) 8時30分~17時15分
 

ところ

美杉総合文化センターエントランスホール (地図はこちら
 

内容

 JR名松線フォトコンテストの応募作品を展示しています。作品には名松線への想いが込められており、素晴らしい作品ばかりが並んでいます。ご来場の際はJR名松線に乗って、伊勢八知駅で下車し、徒歩約3分で到着します。ぜひご覧ください!!
 

車窓からの美しい景色

 名松線は、松阪駅を出発してから、松阪の城下町、田園風景、のどかな街並み、そして山を越え谷を越え、終点伊勢奥津駅にたどり着きます。その間、四季折々に移り変わる景色は、何度乗っても乗る人の目を楽しませることでしょう。

春 君ケ野ダムは桜の名所  夏 雄大な大洞山をバックに  秋 雲出川の渓谷は一面色づく  冬 銀世界の中を走る
 春の名松線  夏  秋の名松線  冬の名松線
       撮影 長谷茂

  他にも四季の美しい景色がたくさんあります。下のリンクからどうぞ。

  四季の名松線マップへリンク

  Link:Map of the Meisho-line in the four seasons

 

 沿線の史跡や観光名所

 名松線の沿線には、地元の人でも知らないような歴史的に価値ある場所や物、また、日本桜名所100選にもなっている「三多気の桜」など、ぜひ立ち寄りたいスポットがあります。

                        【伊勢国司北畠氏館跡庭園】                  【三多気の桜】                            【名松線に乗って森林セラピー】

                                      

 

 レンタサイクルに乗って癒しの風を感じてみませんか!

 名松線に揺られて、車窓パノラマからの大自然を満喫した後は、伊勢八知駅、伊勢奥津駅で下車していただくと、電動アシスト付きレンタサイクルがあなたを癒しの森へ誘ってくれます。

 電動アシスト付きレンタサイクルについて詳しくはこちら(PDF/1MB)

 

 パーク&ライドのご利用を

 市一志庁舎、市白山庁舎を臨時駐車場として無料開放しています。 

 美杉地域へ観光などでお越しの際は、パーク&ライドを活用し名松線を利用してください。

  • 市一志庁舎の最寄り駅 一志(いちし)駅
  • 市白山庁舎の最寄り駅 関ノ宮(せきのみや)駅

 詳しくはこちら(PDF/357KB)をご覧ください。

 

 名松線時刻表

 名松線時刻表(下り) 伊勢奥津駅方面(PDF/209KB)

 名松線時刻表(上り) 松阪駅方面(PDF/208KB)

注)運行情報など詳しくは、東海旅客鉄道株式会社のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

 

2

 名松線の全線復旧を望む声が高まり、津市自治会連合会を中心に署名活動が行われ、その結果、11万6千名を超える署名が集まりました。
 津市と三重県も、復旧のために被害の調査を行い、復旧にはどんな工事が必要か、工事を行うためにはどうすればよいか、津市、三重県、JR東海の3者で何度も協議が行われました。
 そして、再び終点まで列車が通れるようにするため、津市、三重県、JR東海の3者が協力して工事を行い、6年半の月日をかけて全線復旧を果たしたのです。

名松線復旧事業については詳しくはこちら(別のページに移動します。) 

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

美杉総合支所 地域振興課
電話番号:059-272-8080
ファクス:059-272-1119