消火器の正しい取り扱い

登録日:2018年11月16日

 初期消火に有効な器具として皆さんよくご存知の消火器、一般家庭や事業所にも設置されていることと思います。

 しかし、廃棄などにより古い消火器を噴射しようとしたところ、容器が破裂するという事故が発生しています。人身事故に至ったケースも報告されています。消火器本体に腐食や変形があると、その部分が圧力に耐えられなくなり破裂が起こります。

消火器の種類

 一般家庭にある消火器は、大きく分けて粉末消火器と強化液消火器です。その放射方式には、加圧式と蓄圧式のものがあります。

蓄圧式消火器

 。消火器内部に、常に圧力が加わっており、レバーを握ると消火剤(粉末・強化液)が放射されます。スプレー缶の大きなものと考えればよいでしょう。

注:破裂事故が起こりにくい消火器です。

 

加圧式消火器

 使用時にレバーを握ると、消火器内部の小型ボンベから二酸化炭素ガスが噴射し、消火器内に高い圧力が加わり、消火剤(粉末)が放射されます。

注:消火器容器に腐食があると破裂する場合があります

サビ・キズ・変形のある消火器1サビ・キズ・変形のある消火器2サビ・キズ・変形のある消火器3

老朽化した消火器は使用しない

 消火器は使わなくても年月とともに老朽化します。また、管理が悪いと容器に変形やさびが発生します。安全に使用できるよう、日頃から次の点などに注意しましょう。

  • さび、変形、損傷はないか
  • 各部に緩みはないか
  • 安全栓の変形、損傷、紛失はないか
  • ホースの亀裂はないか

 もし、異常があれば速やかに取り替えるか、専門業者に点検してもらいましょう。
 また、設置する場所は、直射日光を受ける場所、雨のかかる場所などは避けましょう。

 

消火器の廃棄方法 絶対に不法投棄しないでください!

  • 消火器は、一般の不燃ゴミとしては処分できません
  • 消火器を絶対に分解したり放射しないでください
  • 消火器の廃棄は、消火器取り扱い業者に相談・依頼してください
    注:タウンページ等の消防設備の項目を参照してください
    注:メーカーや消火器の種類などによって料金に違いはありますが、原則として有料となります
  • 消火器の廃棄はメーカーによる回収・リサイクルシステムもあります
  • 新しい消火器を購入予定の場合は、購入先にて古い消火器を引き取ってくれます。消火器の取り扱い業者やホームセンターなどへご相談ください

 

消火器の購入・廃棄等の相談先(例:三重県消防機器設備協会津支部)

アイティ株式会社 津市栄町四丁目280 電話番号 059-228-6117
株式会社アルファ 津市一身田大古曽836-1 電話番号 059-236-6111
イセット株式会社 津市桜橋三丁目408 電話番号 059-227-2000
エクスチン防災株式会社 津市戸木町西羽野5562-1 電話番号 059-256-3938
東海システム株式会社 津市河芸町浜田1949-5 電話番号 059-244-0575
三重保安商事株式会社 津市津興字馬池1127 電話番号 059-222-3660
株式会社モリタ東海 津市島崎町137-122 電話番号 059-224-1006
矢野防災設備株式会社 津市久居明神町2516-1 電話番号 059-271-7740
株式会社山口商会 津市岩田2-8 電話番号 059-226-4885
山下防災メンテナンス 津市幸町33-3

電話番号 059-223-7756

注:上記は一例です、その他ホームセンターやショッピングセンター、消火器取り扱い業者などにご相談ください。

 

問い合わせ 津市消防本部予防課 電話番号 059-254-0354

このページに対するアンケートにお答えください

このページは見つけやすかったですか?
このページの内容はわかりやすかったですか?
このページの内容は参考になりましたか?

このページに関するお問い合わせ先

消防本部 予防課
電話番号:059-254-0354